読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エルの楽園

Twitterで垂れ流すには見苦しい長文を置きます。 あ、はてな女子です。

心を定量化する - 「アットホーム」な職場の値段はいくらか

このブログは物理学アドベントカレンダーの19日目です……が、お題は「精神物理学」です。すまない、このテキーラはサービスだから、まずは飲んで落ち着いてほしい。

うん、「精神物理学」って何だって?まぁ謝って許してもらおうとも思ってないし、できれば「ときめき」みたいなものも感じてもらいたいと思っているので、まずは僕の話を聞こうか。

精神物理学は1800年代にドイツで発祥した学問分野で、実験心理学(認知科学)、ひいては行動経済学の成立の礎になった学問であり、今ではこれ自体の研究に携わるひとはいない。フェヒナーという研究者が、従来は測定不可能とされていた人間の感覚--たとえば痛みとか暑さとか快感、ひいては喜怒哀楽までを定量的に"測定"し、あまつさえ外部刺激とその測定結果の関数まで作り出したのが最初だ。たとえば、ごく弱いスタンガンを当てられた時の痛みを1として(大抵の場合はこの「痛さ」の感覚をそろえるために実際に被験者にスタンガンを当てる)、タンスの角に小指をぶつけた時の痛さはいくつですか?などと質問する訳だ。

あ、この段階でガチ物理学クラスタのひとは耳から湯気が出そうですね?本当にすみません。でもこのお題で参加していいって言ったのはaetos氏なので文句はそちらにお願いします。

それで、認知科学の分野では感覚の測定に「尺度(scale)」というものを用いる。尺度は複数の質問で構成されたアンケート用紙のようなもので、測定される側の被験者はそれぞれの質問に1から5の段階で丸をつけていく感じのものだ。そして更に行動経済学では、感情的な損得を含めた全てを金銭に換算して「尺度」とする。
この、感情的な損得というのは面白いもので、実際に損した/得した金額と「気持の」金額は一致しない。キモいストーカーから押しつけられたプレゼントは例え1万円のものでもゴミ同然だが、恋人からもらったプレゼントは1000円の物でも家宝になる。有名なエピソードだと、1000円拾った嬉しさよりも1000円落とした悲しさの方が絶対値として上回る。では、1000円拾った嬉しさを「1000円」とすると、1000円落とした悲しさは一体いくらなんだろうか?

この行動経済学は正しく精神物理学の後継学問だから、つまり僕が行動経済学的なトピックを物理学アドベントカレンダーの19日目で話題にしても構わない訳だ。いやほんとすみません、話を続けます。


それで、今回の話題のためにちょろっと調べたのがタイトルの「『アットホーム』な職場はいくらか」というテーマだ。よく求人広告で「アットホームな職場です!」という宣伝文句がある。求人する側はアットホームな職場の方がそうでない職場よりも好まれると思っているからこのような宣伝文句を書くのだが、求職者の立場だとブラック企業の証として敬遠する傾向があるとも聞いた。とにかく、アットホームな職場をウリにする側は、それが好ましい要素だから、同じ待遇でアットホームな職場とアットホームでない職場があれば前者の方がより選ばれると考えているはずだ。それでは、アットホームな職場の方が月給が5000円低かったとしたら?1万円なら?
ここでアットホームな職場の給与をどんどん下げていき、アットホームでない職場との間で選好の逆転が起こる金額が分かったら、それがアットホームさの値段だ。求人する側はできるだけ低コストでひとを雇いたいと考えているはずだから、アットホームな職場は当然この値段ギリギリまで給与を下げているはずだ……まぁ乱暴な仮定だけれど。

そんな訳で今回はマイナビ転職に掲載されている全求人4727件から、「アットホームな」職場419件を抽出し、さらにそこからサンプルとしてランダムに20件を抽出。同じくアットホームでない職場からランダムに20件を抽出し、月給を比較した。

では結果(単位: 万円):

 アットホーム非アットホーム
平均 22.05 23.15
中央値 22 21
最低額 14 18
最高額 30 42
分散 16.7475 37.7275

平均値だけとると若干アットホームな職場の方が安く、これは予想を反映した。しかし分散は非アットホームな職場が非常に大きく、中央値だとアットホームな職場の方が非アットホームな職場を上回った。非アットホームな職場の方がアットホームな職場よりも最低額・最高額共に上回り、特にずば抜けて金額の高い求人があるのが非アットホーム群の特徴である。

とりあえず平均値だけ見ると、「アットホーム」のお値段は月にして11,000円、ということになる。
どうでしょう、納得のいく価格でしょうか?
あ、一番納得がいかないのは今日のお題ですよね。本当にすみませんでした。


こちらからは以上です。